見出し画像

ラプソードかんたんセッティングガイド: ③INSIGHT

Rapsodo Japan

皆さん、こんにちは!
今回はラプソードのハイスピードカメラ、「INSIGHT」のセッティング方法について簡単にご紹介します。

当記事をご自身のペースで縦スクロールしながら、セッティングしてみてください!

INSIGHT

①まずは同梱物をご確認ください

INSIGHT同梱物

■INSIGHT同梱物リスト
01. 説明書 (英語)
02. 本体充電用ACアダプタ
03. 本体充電用ケーブル
04. 三脚の説明書
05. カメラ本体
06. レンズ (6mm, 16mm)
07. 三脚
08. フラッシュ用ケーブル 2個
09. フラッシュ用充電ケーブル
10. フラッシュ用ACアダプタ
11. レンズ (7.84mm)
*過不足ある場合は、恐れ入りますが購入元へご連絡ください。

②三脚を組み立てて、カメラを設置する

折りたたまれている3本の脚を逆方向に伸ばして立てます。赤丸で囲まれているツマミを緩めることで三脚の高さを調節できるので、撮影対象に合わせてセッティングします。
三脚上部・横に付いている小さなツマミは水平方向の、大きなツマミはボール雲台の角度を調整することができます。
ボール雲台に付いているツマミを緩めて、雲台を取り付けたカメラ本体を設置します。

③カメラにレンズを装着する

レンズは3種類あり、撮影用途に応じて選択します(後ほど説明します)。
7.84mmのレンズのみ、レンズ側面に刻印がありませんのでご注意ください。
カメラ本体に付いているキャップとレンズ両面のカバーを外して、レンズを取り付けます。

④カメラの電源を入れる

カメラ本体の背面にある電源ボタンを長押しして、電源を入れます。
カメラ前面右下にあるランプは、電源を入れた直後から緑 (全灯)→青 (全灯)→青 (点滅)と変わっていきます。ランプの点滅はカメラ本体のWi-Fi設定が可能になったことを意味します。

⑤接続する機器本体(PITCHING 2.0、HITTING 2.0)の設置までを完了させる

以下のセッティングガイドを参考に、PITCHING 2.0は⑩まで、HITTING 2.0は⑨までのセッティングを完了させる。

⑥【重要】iPadからWi-Fi設定に進み、機器本体から出ている専用Wi-Fiに接続されている場合は、一度ネットワーク設定を削除する

Wi-Fi名の右側にある「i」のアイコンを押し、「このネットワーク設定を削除」を選択する。こちらの行程を経ず本体のWi-FiとiPadが接続されている状態で以下の設定を進めてしまうと、設定失敗の原因となります。

⑦Diamond Appを開いて、計測機器とINSIGHTを接続するためのレーンを作成する

「設定」から「端末の設定」に進み、右上のリフレッシュを押す。
リフレッシュを押すと、画面上部「端末」の下に計測機器とINSIGHTのWi-Fi情報が表示されます。
「新しいレーンを作成」を押す。レーン名は英数字6ケタで入力し、「作る」を押す。
レーンが作成されたら、上部の端末欄に表示されているWi-Fiを選択し、新しく作成したレーンへ移動させます。このとき、必ずINSIGHTから先にレーンに移動させるようにお願いします。計測機器のWi-Fiから先にレーンに移動させると、レーンの作成がうまく完了しない恐れがあります。
Wi-Fiのレーンへの登録が完了すると、上記画像のように計測機器とINSIGHTのWi-Fi情報が画面中央に出てきます。ここまで来たらレーンの作成は完了です。

⑧iPadのネットワーク設定に戻り、先ほど作成したレーン名がついた専用Wi-Fiに接続する

このとき複数のRapsodo専用Wi-Fiが表示されている場合は、レーン作成失敗を意味します。ネットワーク設定を削除し、アプリを再起動した上で、再度⑦から設定をやり直してください。

⑨Diamond Appを開いて「プレイ」を選択し、リフレッシュを押して専用Wi-Fiに接続する

リフレッシュを押すと、計測画面に遷移します。

⑩INSIGHTのキャリブレーション (設置位置・設定の確認)を行う

画面右下のRCE、タンク、INSIGHTが表示されているところをクリックして・・
「Insight」→「再キャリブレーション」と進んで、キャリブレーションを実施します。
キャリブレーション画面。赤枠の中に撮影対象が映るようにカメラの設置位置を調整ください。設置位置が決まったら、撮影目的に応じた設定を行います。

【注意点】
上記キャリブレーション画面を開くと「JP-Do you see a black or white screen?」という警告が出てきますが、画面に撮影対象が映っている場合は「なし」を選択しキャリブレーション設定に進んでください。

画面が真っ白もしくは真っ黒で撮影対象がうまく映っていないときには、「はい」と選択して追加の質問にご回答ください:
・JP-Does your problem still exist after adjusting exposure?
(「露出」の値を調節してもまだ真っ白もしくは真っ黒
のままですか?)
→改善された場合は「なし」、まだ改善されない場合は「はい」を選択
・JP-Does your problem still exist after adjusting gain?
(「画像処理」の値を調節してもまだ真っ白もしくは真っ黒のままですか?)
→改善された場合は「なし」、まだ改善されない場合は「はい」を選択
・JP-Does your problem still exist after checking calibration profile?
(その他キャリブレーション項目を調節してもまだ真っ白もしくは真っ黒のままですか?)
→改善された場合は「なし」、まだ改善されない場合は「はい」を選択
・JP-Is Insight device working now?
(INSIGHTは適切に動作していますか?)
→改善された場合は「はい」、まだ改善されない場合は「なし」を選択
・JP-We’re already investigating the issue and have oppened a ticket.
(チケットを発行し原因を調査中です。)
→「完了」を押し、恐れ入りますが別途Rapsodo Japan (support-jp@rapsodo.com)へご連絡ください。

10-1. レンズの選択

まず3種類あるレンズの中から、撮影目的に適したレンズを選択します。

①6mm:投球・打撃フォーム全体などの確認に最適

②16mm = リリースポイントの確認などピンポイントの撮影の際に最適

③7.84mm = 上記二つのレンズの中間

使いたいレンズが決まったら、カメラ本体に装着しレンズ側面に付いている銀色の小さなツマミを緩め、レンズのピントを合わせます。

キャリブレーション画面の映像をチェックしながら、撮影対象にうまくピントが合っているかご確認ください。

10-2. FPSの選択

続いてキャリブレーション画面右上にある「1秒あたりに処理するフレーム数」=FPS(フレームレート)を選択します。

デフォルトでは640に選択されていますが、850に変更することでより撮影対象にズームインした動画を撮影することができます。

こちらもレンズ選択と同様に、撮影対象・目的に応じて選択しましょう。

10-3. 明るさの調整

続いて露出 (1~1000)、画像処理 (1~16)の二つは映像の明るさを調整する際に設定します。数字が大きくなるほど明るくなり、小さくなるほど暗くなります。

キャリブレーション画面に映った映像の明るさをチェックしながら、撮影環境に合わせて数値を変更してください。

10-4. フラッシュの使用

露出・画像処理のいずれも最大値に設定してもなお映像が暗く感じる場合は、外付けのフラッシュを接続ください。

フラッシュ用充電ケーブルとACアダプタを接続し、イーサネットケーブルをINSIGHT本体 (裏面)とACアダプタの「OUT」に接続
セッションを開始すると、レンズの両側が点灯する

10-5. 詳細設定

続く3つの設定項目は、下記を意味しています:

・トリガー:投球計測時はリリース、打球計測時はボールとバットが当たるポイントを指す。動画内のトリガー位置の設定が行える (デフォルト:50)
リリース前のスローモーション適用タイミング:トリガー前におけるスローモーション映像の割合 (デフォルト:20)
リリース後のスローモーション適用タイミング:トリガー後におけるスローモーション映像の割合 (デフォルト:80)

撮影目的に応じて動画の微調整が可能ですが、まずはデフォルト設定のままで撮影して頂くことをお勧めします。

これら3つの設定方法については、以下のTwitterモーメントにてまとめていますので別途そちらをご確認ください。

・・・

これでINSIGHTのセットアップは完了です!

プレイから計測したい選手、セッションを選択して、計測を開始してください。


終わりに

以上、INSIGHTのセッティング方法についてご紹介しました。

最後に、今回セッティングガイド作成にあたり撮影にご協力頂いた日本最大級の野球専用ジム・tsuzuki BASEさんをご紹介させてください。

横浜市営地下鉄ブルーライン・「北新横浜駅」から徒歩5分のところにあります。

会員制サブスクで24時間使い放題の野球特化型のジムで、現在入会募集中とのことです。ラプソード商品も6台導入済みで、そのほかピッチングマシンから最近話題のバレルバットや、シークエンスバットなんかも使えるとのこと。

興味のある方はぜひTwitterおよびLINEからコンタクトしてみてください!

・・・

今後も定期的に商品・サービスやその活用方法についての情報を発信していきます。

引き続き公式noteをどうぞよろしくお願いします!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んで頂きありがとうございます!更新情報は公式Twitterアカウントをご確認ください。