見出し画像

ラプソードかんたんセッティングガイド: ②HITTING 2.0

Rapsodo Japan

皆さん、こんにちは!
今回はラプソードの主力商品、「HITTING 2.0」のセッティング方法について簡単にご紹介します。

当記事をご自身のペースで縦スクロールしながら、セッティングしてみてください!

HITTING 2.0

①まずは同梱物をご確認ください

HITTING 2.0同梱物

■HITTING 2.0同梱物リスト
❶保護タンク
❷クイックスタートガイド
❸RCE (Rapsodo Computing Engine)
❹カメラ&レーダーモニター
❺ACアダプタ 2個
❻USBケーブル 2個
❼RCEとモニター用収納ポーチ
❽メジャー
*過不足ある場合は、恐れ入りますが購入元へご連絡ください。

②インターネットに接続の上で、iPadのDiamond Appにログインする

この時点でメインアカウント登録および選手登録が完了している必要があります。登録方法はクイックスタートガイドをご確認ください。

③言語設定が英語の場合、まずSETTINGS (設定)→App Settingsより測定単位(Units)をImperialからMetricsに変更

SETTINGS → App Settingsから、UnitsをMetrics (キロ)に変更

④Edit Profileより、言語設定をEnglish (英語)からJapanese (日本語)に変更し、「Save Changes」を押す

まれにキロ・日本語表示に切り替えても、アプリを閉じた後またマイル・英語表示に戻る場合があります。その際は、改めて③~④のステップで変更ください。

⑤ホームベースの「先端」から4.27mの位置に保護タンクを設置する

保護タンクを設置する際は、メジャーの0の位置をホームベースの先端に合わせる
設置場所が決まったら、白線などで目印をしておくと毎回計測する必要がなくて便利です

⑥RCEの電源を入れて、LEDランプ3つすべてが点灯するまで待つ

LEDランプが表すもの:(左) RCEの電源 (中央) RCEとモニターの接続状況 (右) RCEとアプリの接続状況

⑦RCEとモニターをL型USBケーブルで接続

モニターのマイクロUSBポートは破損しやすいので、ケーブルを差し込む際は優しくお願いします。
RCEとモニターを接続後、RCEのランプが緑・青・赤となっていることをご確認ください。

⑧モニターをタンク内側に固定する

このときモニターがタンクに接触しないように、気を付けて設置するようお願いします。

⑨RCEをタンクに設置し、カバーをセットする

突起と突起の間にぴったりはまるように設計されています
カバーを溝に入れて、横にスライドさせてセットします。
RCEのランプの点灯状況含め、この状態で本体の設置は完了となります。

⑩iPadを開いて、本体から出ている専用Wi-Fiに接続する

「RAPSODO」で始まる専用Wi-Fiと接続ください。この専用Wi-Fiは計測するためだけのものなので、Webの閲覧などはできませんのでご了承ください。

⑪Diamond Appを開いて「プレイ」を選択し、リフレッシュを押して専用Wi-Fiに接続する

リフレッシュを押すと、計測画面に遷移します。

⑫モニターのキャリブレーション (設置位置・角度の確認)を行う

画面右下のRCE、タンクが表示されているところをクリックして・・
「Hitting」→「再キャリブレーション」と進んで、キャリブレーションを実施します。
(左)モニターの位置・角度を表す線が緑色なら、適切に設置されていることを意味します。赤色の場合は、土台のツマミを緩めて位置・角度を調整ください。(右)赤いライン上にホームベースの中心、またはティーが来るように、タンクの位置を調整ください。

これでHITTING 2.0のセットアップは完了です!

プレイから計測したい選手、セッションを選択して、計測を開始してください。

選択できるセッション:Batting Practice (フリーバッティング)、Tee Session (ティーバッティング)、Soft Toss (トスバッティング)、Pitching Machine (マシン打撃)、Game Mode (ゲームモード、現在日本未対応)、Live (実戦形式での打撃)、Rehab (リハビリ)

終わりに

以上、HITTING 2.0のセッティング方法についてご紹介しました。

最後に、今回セッティングガイド作成にあたり撮影にご協力頂いた日本最大級の野球専用ジム・tsuzuki BASEさんをご紹介させてください。

会員制サブスクで24時間使い放題の野球特化型のジムで、現在入会募集中とのことです。ラプソード商品も6台導入済みで、そのほかピッチングマシンから最近話題のバレルバットや、シークエンスバットなんかも使えるとのこと。

興味のある方はぜひTwitterおよびLINEからコンタクトしてみてください!

・・・

今後も定期的に商品・サービスやその活用方法についての情報を発信していきます。

引き続き公式noteをどうぞよろしくお願いします!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んで頂きありがとうございます!更新情報は公式Twitterアカウントをご確認ください。

Rapsodo Japan
Rapsodo Japan公式noteです。「選手がポテンシャルを最大限に発揮できるように支援する」というビジョンのもと、選手と指導者の皆さんに寄り添った情報を発信していきます。#計測は力になる