見出し画像

ラプソードかんたんセッティングガイド: ④PRO 3.0

皆さん、こんにちは!
今回はラプソードの新商品、「PRO 3.0」のセッティング方法について簡単にご紹介します。

当記事をご自身のペースで縦スクロールしながら、セッティングしてみてください!

PRO 3.0

①まずは同梱物をご確認ください

PRO 3.0同梱物

■PRO 3.0同梱物リスト
❶PRO 3.0本体
❷PRO 3.0バッテリー
(※現在発売中の機種の場合、本体に挿入済みです)
❸専用バックパック
❹キャリブレーションボード
❺充電用ケーブル (3Pタイプ)
❻メジャー
*過不足ある場合は、恐れ入りますが購入元へご連絡ください。

上記に加えて、保護ケージが別送されます。

保護ケージの取り付け方法はこちらよりご確認ください。また保護ケージを取り付けていない状態での打球直撃等による破損は商品保証の対象外となりますので、ご注意ください。

②インターネットに接続の上で、iPadのDiamond Appにログインする

この時点でメインアカウント登録および選手登録が完了している必要があります。登録方法はクイックスタートガイドをご確認ください。

③言語設定が英語の場合、まずSETTINGS (設定)→App Settingsより測定単位(Units)をImperialからMetricsに変更

SETTINGS → App Settingsから、UnitsをMetrics (キロ)に変更

④Edit Profileより、言語設定をEnglish (英語)からJapanese (日本語)に変更し、「Save Changes」を押す

まれにキロ・日本語表示に切り替えても、アプリを閉じた後またマイル・英語表示に戻る場合があります。その際は、改めて③~④のステップで変更ください。

⑤ホームベースの後端からピッチャープレートまでの距離が正しく18.44mあるか、メジャーを使って確認する

同梱のメジャーを使って、ホームベースとピッチャープレート間の距離を確認
メジャーの0の位置をホームベースの後端に合わせて・・
ピッチャープレートまで18.44mあるか確認

⑥ホームベースの「先端」から5.18mの位置にPRO 3.0本体を設置する

本体を設置する際は、メジャーの0の位置をホームベースの先端に合わせる
カメラが2台付いている方をホーム側に向けて、5.18mの距離を取る。設置場所が決まったら、白線などで目印をしておくと毎回計測する必要がなくて便利です。

⑦PRO 3.0本体側面のボタンを押して、電源を入れる

電源ボタン上のランプが緑→青→赤と変わり、最終的に赤色のランプが点滅します。

⑧Diamond Appを開いて「プレイ」を選択し、リフレッシュを一回押す。【重要】その後セッションが表示され、アップグレードの案内表示が出るまで、30秒程度何も操作せずに待つ(初回およびアプリアップデート時)

リフレッシュを一回押すと、セッションが表示されます。この時アップグレードの案内が表示されるまでに若干タイムラグがありますが、30秒程度お待ちください。
30秒程度何も操作せずに待つと、こちらの本体アップグレードの案内が表示されます。「はい」を押して、本体上部のランプが青点滅→白点灯→青点滅→赤点滅→赤点灯に変わるまで3-5分ほどお待ちください。※案内が出る前に操作を行ってしまうと、アップグレード作業が正しく行われず、接続不良が発生する恐れがあります。

⑨【重要】本体上部のランプが赤色に点灯したら、改めて⑧の操作をもう一度繰り返しアップグレードを完了させる(初回およびアプリアップデート時)

本体上部のランプが赤色に表示されるまで待ち、改めてプレイ画面から接続を行うと、こちらの更新成功の案内が表示されます。これで端末のアップグレードは完了です。

⑩キャリブレーションボードをホームベースの手前に合わせて設置する

正面からキャリブレーションボードを見たところ
上からキャリブレーションボードを見たところ。
ボードの表面とホームベース手前の辺がきれいに重なるように置く。

⑪キャリブレーション(設置位置・角度の確認)を行う

画面右下のPRO3.0が表示されているところをクリックして・・
PRO 3.0のアイコンと充電ステータスなどが右側に表示されます。「再キャリブレーション」を押して、キャリブレーションを実施します。
(左)投手側カメラ: 赤いライン上に投手の中心が来るように本体の設置位置を調整します。(中央・右) 打者側カメラ1・2: 赤いライン上にキャリブレーションボードが表示されるように本体の設置位置を調整します。
位置が決まったら右下の「フィールドキャリブレーション」を押して、"Calibration successful"の表示が出たらキャリブレーション完了です。さらに右下の「完了」を押して計測を開始してください。

注意点:下記のエラーメッセージが出た場合、キャリブレーション失敗を意味します。それぞれのメッセージに沿って本体位置を調整してください。
・No checker board detected
(キャリブレーションボードを見つけられません)
→キャリブレーションボードが赤いライン上に来るよう位置を調整ください。室内練習場で使用の際、画面が暗くてキャリブレーションボードがうまく映っていない場合は、ひとつ前の画面に戻り「環境」の項目を「Auto」から「Indoor」に変更して再度お試しください。
・Calibration board not in the middle
(キャリブレーションボードが中央にありません)
→キャリブレーションボードが赤いライン上に来るよう位置を調整ください。
・Calibration board not upright
(キャリブレーションボードが傾いています)
→キャリブレーションボード上部の水平器を確認し、気泡が中央に来るようキャリブレーションボードの位置を調整ください
・Calibration board not at 17 feet
(キャリブレーションボードが5.18mのところに設置されていません)
→本体およびキャリブレーションボードの設置位置を確認し、正しい位置に設置しなおしてください。


これでPRO 3.0のセットアップは完了です!

プレイから計測したい選手、セッションを選択して、計測を開始してください。

⑫気象情報の設定方法

投球のセッション開始時に、気象情報の設定を行うことでより正確に縦横の変化量が計測でき、またSSW変化量(シームシフテッドウェイク、縫い目によって生じた変化量)の表示も可能になります。

計測画面を開いたタイミングで上記の気象情報設定の案内が表示されますので、「はい、続けます」を選択して設定に進みます。ここで「いいえ、結構です」を選択しても、計測画面右上の設定アイコンからいつでも設定は可能です。
標高、気温、気圧、相対湿度の各項目のパラメータを以下の説明を参考にご入力ください。

標高 (m):別途 Google Earth を開き、現在地にカーソルを合わせたとき右下で確認可能
気温 (℃):iPhone アプリ「天気」などで確認
気圧 (inHg):iPhone アプリ「天気」などで気圧 (hPa)を確認し、下表を参考 にinHgの単位で近い値を入力
相対湿度 (%):iPhone アプリ「天気」などで「湿度」の数値を確認

気圧の単位対照表 (hPa⇔inHg)

⑬Live On Live(対戦形式)の始め方

Live On Live(対戦形式)のセッションで投打両方のデータを同時に計測したい場合は、下記をご参照ください。

計測を行う投打両方の選手を複数選択し、Live On Live BP (シート打撃など)、Live On Live Game (紅白戦、練習試合など)を選択する(※Live on Live BP with a Pitching Machineは特別なピッチングマシーンのみ対応)
右側の「未分類のプレイヤー」リストに選択した選手が表示されるので・・
ドラッグ&ドロップで左側の「選手リスト」には投手を、中央の「打者のリスト」には打者を移動させる。移動が完了したら「開始」を押して、計測画面に移る。
左上にあるボックスから投手または打者を選択し、「<」もしくは「>」を押して選手の切り替えが可能。多数の選手がいる場合は虫眼鏡のアイコンを選択して、名前を入力することで選択もできる。

終わりに

以上、PRO 3.0のセッティング方法についてご紹介しました。
最後に、今回セッティングガイド作成にあたり撮影にご協力頂いた日本最大級の野球専用ジム・tsuzuki BASEさんをご紹介させてください。

横浜市営地下鉄ブルーライン・「北新横浜駅」から徒歩5分のところにあります。

会員制サブスクで24時間使い放題の野球特化型のジムで、現在入会募集中とのことです。ラプソード商品も6台導入済みで、そのほかピッチングマシンから最近話題のバレルバットや、シークエンスバットなんかも使えるとのこと。

興味のある方はぜひTwitterおよびLINEからコンタクトしてみてください!

・・・

今後も定期的に商品・サービスやその活用方法についての情報を発信していきます。

引き続き公式noteをどうぞよろしくお願いします!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んで頂きありがとうございます!更新情報は公式Twitterアカウントをご確認ください。